コース概要

大学名等 筑波大学大学院人間総合科学研究科,東京医科歯科大学医歯学総合研究科
教育プログラム・
コース名
小児周産期高度医療人材養成プログラム
対象者 大学院生,専門医(産婦人科,小児科,小児外科,周産期(母体・胎児,新生児))
修業年限(期間) 4年
養成すべき人材像
  • 高度な知識・技能を有しハイリスク妊娠・分娩を管理できる産科医
  • 集学的治療を要する新生児を診断・治療できる新生児科医
  • 新生児手術など高難度手術に対応できる小児外科医
  • 実用化を目指した先進医療開発に挑戦するリサーチマインドを有する研究医
  • 小児在宅医療等,新しい地域医療のマネージメント能力が高い臨床医
修了要件・履修方法 大学院:本コースで定める必修科目(8単位)と選択必修及び選択科目を合計30 単位以上を履修し,中間評価の合格を経て,博士論文の審査及び最終試験に合 格すること。
履修科目等 <必修科目> 研究倫理(1単位),ゲノム医学・分子医科学(1単位),医学統計(1単位), 疫学・公衆衛生学(1単位),臨床研究デザイン(1単位),知財戦略(1単 位),科学英語(1単位),論文執筆法(1単位)
<選択必修科目>
産科学,小児新生児学,小児外科学(10単位以上)
<選択科目の例>
遺伝カウンセリング(1単位),胎児学(1単位),発達心理学(1単位),小 児腫瘍学(1単位),新生児外科特論(1単位),レギュラトリーサイエンス(1 単位),地域医療学(1単位),超音波遠隔診断実習(6単位),橋渡し研究・ 医師主導臨床試験の進め方実習(6単位),ヘルスサービスリサーチ演習(6単 位)【履修科目選択の例】 産婦人科・小児科・小児外科の大学院生は各々必修8単位,自分の所属する領域 の選択必修科目10単位を取得する。選択科目については,1高度医療を担う専 門医,2先進医療を開発する研究医,3小児在宅医療など,地域の新しい医療 を担う臨床医等のキャリアパスに応じて12単位を履修する。講義はeラーニング の形式で提供される。選択科目の中には,実習や演習などのインテンシブコー スの準備になる科目も含めて,次のインテンシブコースを選択した場合には,なる べく短期間で実際の医療技術を修得できるように配慮する。
教育内容の特色等
(新規性・独創性
等)
  • ITネットワークが構築された筑波大学,連携大学,地域病院のいずれの施 設からもeラーニングを通じて専門性の高い講義をオンデマンドで視聴できる。
  • ITを活用した双方向コミュニケーションにより,各受講生にきめ細かな指導が可能である。
  • 地方病院で臨床研修中に大学院の単位が取得できる。
  • 課題を明確にして実践的なコンテンツを作成し,課題解決型医療人の養成 を行う。
  • 体系的なカリキュラムに基づいて,共通のフォーマットにより多数の専門 家が合同して充実したコンテンツの作成ができる。
  • 選択必修により,3診療科(産科,新生児・小児科,小児外科)が独自の コンテンツを作成して,各領域の高度医療人の養成に役立てる。一方,集学的 治療を推進するために,他診療科の医師も自分と異なる領域のコンテンツを選 択できる。
  • 茨城県内の小児・周産期医療を担っている筑波大学と東京医科歯科大学が それぞれの特色を生かし相補的・有機的に連携することで人材交流も容易にな り,地域における小児周産期医療が充実する。
指導体制
  • eラーニングのコンテンツの作成は筑波大学(総合周産期母子医療センター, 基礎および臨床系)と東京医科歯科大学の教員,土浦協同病院,茨城県立こど も病院,茨城県立医療大学付属病院の指導医が担当する。さらに,積極的に外 部からも講師を招聘し,内容の充実を図る。両大学や参加病院で講演会を開催 する際には,原則としてこのeラーニングのコンテンツとしても役立てられるよ うに組織的に準備する。
  • eラーニング形式の講義受講者は,県内ネットワークを介した双方向コミュニケー ションにより,上記の指導教員からきめ細かな個人的指導が受けられる。さらに, 超音波遠隔診断や難治例の診療など,臨床上の疑問についても同様のルートを 通じて相談できる体制を構築する。
  • 主に大学の教官が周産期に関連する研究テーマを設定し、学位論文作成の指導に当たる。
教育プログラム・
コース修了者の
キャリアパス構想
医学博士。専門医(産婦人科,小児科,小児外科, 周産期(母体・胎児,新生 児))がさらに高度の小児周産期の専門性を修得して,大学や地域基幹病院で 指導者として活躍する。
受入開始時期 平成27年4月
受入目標人数 対象者 H26年度 H27年度 H28年度 H29年度 H30年度
大学院生 0 2 2 2 2 8
各専門医 0 0 10 15 15 40
0 2 12 17 17 48

大学名等 筑波大学附属病院、筑波大学大学院人間総合科学研究科
東京医科歯科大学医学部附属病院、東京医科歯科大学医歯学総合研究科
教育プログラム・コース名 高度周産期医療:実践スキルアッププログラム(インテンシブ)
対象者 小児科専門医、産婦人科専門医、小児外科医(外科専門医取得後)、および 周産期医療を特に希望する後期研修医
修業年限(期間) 3年間 基本120時間で履修証明とする。
技術指導の部分は短期集中コースとする。
養成すべき人材像
  • 胎児期から出生を経て新生児期のみならず,小児から成人期,あるいは終末期に至る人生のスパンを見据えつつ,高い課題解決能力をもって周産期医療を捉え,実践することができる人材。
  • 専門科や職種,地域の垣根を越えた集学的な周産期医療チームを編成し,自らがリーダーシップを発揮して,次世代を育てることができる人材。
修了要件・履修方法 共通スキルアップコースおよび専門診療スキルアップコースの中から,履修生が年間計画を立てて科目を選択し,履修する。評価は各科目における到達目標の達成,あるいは試験,レポートにより行う。履修科目によっては,症例検討会や研修会の開催実績をもって評価対象とする。
履修科目等 #1 共通スキルアップコース(各科共通)
出生前診断(1単位),prenatal visit(1単位)
周産期の生命倫理(1単位),遺伝カウンセリング(1単位)
多職種連携による周産期チーム医療(1単位)
NICUから在宅医療への移行(1単位)
周産期急変対応シミュレーション(1単位:短期集中) など
#2 専門診療スキルアップコース(小児科、小児外科、産婦人科)
胎児モニタリング(1単位),胎児治療(1単位),産科救急(1単位)
新生児・小児内視鏡下手術(1単位),新生児外科指導者養成(1単位)
新生児急性期管理指導者養成(1単位),栄養管理(1単位)
ハイリスク新生児フォローアップ(1単位),
新生児蘇生法指導者養成(1単位:短期集中)など
教育内容の特色等
(新規性・独創性
等)
  • 筑波大学附属病院は総合周産期母子医療センターを有し,年間分娩数も800名 以上と全国の国立大学病院の中でも有数の多さである。豊富な症例数により多 様な病態・疾患を経験することが可能であるとともに,創立以来,科の垣根が 低く母体・胎児・新生児医療に院内のあらゆる科が関わり集学的治療を実践す る素地ができている。加えて昨年度まで行っていた「周産期医療に関わる専門 的スタッフの養成」事業において,高機能シミュレータを用いたシミュレー ション教育など,様々な取組みを行って人材育成に着実な効果をあげてきた。 本プログラムでは小児科・産婦人科・外科専門医を取得して周産期医療を専門 とする医師を主な対象とし,eラーニングのみでは補いきれない「実践」に重きをお き,既に整備済みのネットワーク環境を最大限に活用してリアルタイムな双方向性の ビデオカンファランスを行ったり,「オフ ザ ジョブ」「オン ザ ジョブ」両面からのトレー ニングなど,きめ細かい対面教育を行うことで,バランス感覚に優れ包括的な医 療を実践しつつ,更には次世代のリーダーとなり教育を行える人材を育成する ことを目的とする。また,現行の専門医制度では技術的な評価が困難であるた め,これらの取り組みが将来的には専門医制度や病院評価の要件として重要な役 割を果たしていく可能性が期待できる。
  • 茨城県の周産期医療を担う他の2か所の総合周産期母子医療センター(土浦 協同病院,茨城県立こども病院+水戸済生会総合病院)には筑波大学と東京医科歯科大学から医師が循環して研修しており,いずれにも寄付講座が存在する。その意味でも両大学が連携することで,県全体の周産期医療の発展にとって大きな恩恵をもたらすと考えられる。県内にある筑波大学,東京医科歯科大 学の寄付講座を最大限に活用し,県内のどこに勤務していても大学レベルの教 育を受ける機会を提供可能とする。
指導体制
  • 筑波大学附属病院,東京医科歯科大学医学部附属病院,寄付講座のある茨城県立こども病院・茨城県立中央病院(筑波大学),土浦協同病院(東京医科歯科大学)の周産期・新生児専門医(母体・胎児)および暫定指導医,小児外科専門医および指導医が中心となり,加えて両大学の教員が指導を担当する。
  • 大学や連携病院において外部講師を招聘する際には,双方向性ビデオカンファランスシステムを利用して各施設で参加可能とする。
教育プログラム・
コース修了者の
キャリアパス構想
  • 更に専門性の高い周産期(母体・胎児)専門医および周産期(新生児)専門 医,小児外科専門医 等の取得
  • 新生児蘇生法専門コースインストラクター,インストラクター養成指導者 (クオリティマネージャー) など
受入開始時期 平成27年4月
受入目標人数 対象者 H26年度 H27年度 H28年度 H29年度 H30年度
産婦人科専門医 0 2 3 3 3 11
小児科専門医 0 2 5 5 5 17
小児外科医 0 1 1 1 1 4
0 5 9 9 9 32

大学名等 筑波大学附属病院,筑波大学大学院人間総合科学研究科
東京医科歯科大学医学部附属病院,東京医科歯科大学医歯学総合研究科
教育プログラム・コース名 小児在宅医療人材養成コース(インテンシブ)
対象者 大学院生,小児科後期研修医,小児在宅医療を担う医師
修業年限(期間) 1年
養成すべき人材像
  • 在宅医療を行う患者家族に対し,適切な医療的ケアや療養上の助言を提供できる。
  • 地域において小児の在宅医療に取り組む関係機関と顔の見える関係を築き,患者家族が安心して在宅に移行できる医療・福祉連携体制を構築・維持することができる。
  • 地域の病院,診療所,訪問看護事業所を対象に,在宅医療に関する研修会や症例検討会を開催し,情報共有や人材育成を図る。
  • 在宅医療を科学的,疫学的に評価・分析し,体系的な在宅医療学の構築に寄与できる。
  • 生命倫理に基づき,こどもの「最善の利益」について,家族と多職種とで協働意思決定ができる。
修了要件・履修方法 基本120時間で履修証明とする。
技術指導の部分は短期集中コースとする。
履修科目等 研究倫理(1単位),生命倫理(1単位),ヘルスサービスリサーチの基本概念 とその実際(1単位),臨床的アウトカム指標とデータ収集・分析方法(1単 位),疫学(1単位),地域医療学(1単位),緩和ケア(1単位),福祉制度概 論(1単位),障害児医療のイロハ(1単位),障害児医療の魅力「治す医療」 から「寄り添う医療」へ(1単位),小児在宅医療実技講習会(10単位),訪問 看護実習(10単位),研修会や症例検討会への参加(10単位)
教育内容の特色等
(新規性・独創性
等)
  • 現在,NICUなどから退院が困難な超重症児の在宅医療では,医療システム, 介護福祉システム,教育システムなど,社会の多面的なリソースを統合しなが ら保護者を支援する体制を作る事が求められている。本コースでは,疫学研究 者,小児神経学の専門家,実際の在宅指導医,訪問看護ステーションの看護師,医 療ソーシャルワーカー,心身障害学系の教育の専門家などが連携して,包括的な小 児在宅医療支援学の構築を目指す。
  • 小児科医の他,地域で小児医療を担っている他科が専門の小児科標榜医など も対象に,コースの選択者のすそ野を広げられるように努める。
  • 包括的な内容の為,全体としては120時間程度のコースとなる。これを全て履 修した場合は,履修証明制度の対象となるように準備する。一方,短時間の医 療技術習得の為の講習会等を積極的に開催し,部分履修も可能として,地域で 必要とされる医療従事者の拡大に努める。
  • 茨城県内では、筑波大学と土浦協同病院,地域基幹病院とが中心となった 「小児在宅医療ネットワークグループ」がすでに発足しており,研修会を開催 するなど県内の在宅医療を推進する機運が非常に高まっている。平成26年度の 診療報酬改定において「在宅医療の充実」が重点課題となったが,大都市圏で ない地方において体系的な在宅医療学を構築する試みは,全国的にも先駆的な事 業になると確信する。
指導体制 筑波大学(小児科,ヘルスサービスリサーチ分野),東京医科歯科大学,茨城 県立医療大学などの大学の教員のみならず,土浦協同病院,茨城県立こども病 院,小児在宅医療クリニック(あおぞら診療所 前田浩利 医師)などのス タッフと連携して,対面的教育,eラーニングコンテンツの作成に当たる。
教育プログラム・
コース修了者の
キャリアパス構想
小児科専門医,小児神経専門医,在宅医療専門医相当の臨床能力を有し,茨城県のみならず,全国における在宅医療を強化・推進する中核の人材となる。
受入開始時期 平成27年4月
受入目標人数 対象者 H26年度 H27年度 H28年度 H29年度 H30年度
大学院生 0 1 1 1 1 4
小児科後期研修医 0 1 1 1 1 4
小児在宅医療を担う医師 0 0 1 1 1 3
0 2 3 3 3 11

大学名等 筑波大学大学院人間総合科学研究科,筑波大学附属病院
東京医科歯科大学医歯学総合研究科,東京医科歯科大学医学部附属病院
教育プログラム・コース名 包括的小児周産期領域専門医養成コース
対象者 大学院生,小児科後期研修医,小児在宅医療を担う医師
修業年限(期間) 1年
養成すべき人材像
  • 在宅医療を行う患者家族に対し,適切な医療的ケアや療養上の助言を提供できる。
  • 地域において小児の在宅医療に取り組む関係機関と顔の見える関係を築き,患者家族が安心して在宅に移行できる医療・福祉連携体制を構築・維持することができる。
  • 地域の病院,診療所,訪問看護事業所を対象に,在宅医療に関する研修会や症例検討会を開催し,情報共有や人材育成を図る。
  • 在宅医療を科学的,疫学的に評価・分析し,体系的な在宅医療学の構築に寄与できる。
  • 生命倫理に基づき,こどもの「最善の利益」について,家族と多職種とで協働意思決定ができる。
修了要件・履修方法 基本120時間で履修証明とする。
技術指導の部分は短期集中コースとする。
履修科目等 研究倫理(1単位),生命倫理(1単位),ヘルスサービスリサーチの基本概念 とその実際(1単位),臨床的アウトカム指標とデータ収集・分析方法(1単 位),疫学(1単位),地域医療学(1単位),緩和ケア(1単位),福祉制度概 論(1単位),障害児医療のイロハ(1単位),障害児医療の魅力「治す医療」 から「寄り添う医療」へ(1単位),小児在宅医療実技講習会(10単位),訪問 看護実習(10単位),研修会や症例検討会への参加(10単位)
教育内容の特色等
(新規性・独創性
等)
  • 現在,NICUなどから退院が困難な超重症児の在宅医療では,医療システム, 介護福祉システム,教育システムなど,社会の多面的なリソースを統合しなが ら保護者を支援する体制を作る事が求められている。本コースでは,疫学研究 者,小児神経学の専門家,実際の在宅指導医,訪問看護ステーションの看護師,医 療ソーシャルワーカー,心身障害学系の教育の専門家などが連携して,包括的な小 児在宅医療支援学の構築を目指す。
  • 小児科医の他,地域で小児医療を担っている他科が専門の小児科標榜医など も対象に,コースの選択者のすそ野を広げられるように努める。
  • 包括的な内容の為,全体としては120時間程度のコースとなる。これを全て履 修した場合は,履修証明制度の対象となるように準備する。一方,短時間の医 療技術習得の為の講習会等を積極的に開催し,部分履修も可能として,地域で 必要とされる医療従事者の拡大に努める。
  • 茨城県内では、筑波大学と土浦協同病院,地域基幹病院とが中心となった 「小児在宅医療ネットワークグループ」がすでに発足しており,研修会を開催 するなど県内の在宅医療を推進する機運が非常に高まっている。平成26年度の 診療報酬改定において「在宅医療の充実」が重点課題となったが,大都市圏で ない地方において体系的な在宅医療学を構築する試みは,全国的にも先駆的な事 業になると確信する。
指導体制 筑波大学(小児科,ヘルスサービスリサーチ分野),東京医科歯科大学,茨城 県立医療大学などの大学の教員のみならず,土浦協同病院,茨城県立こども病 院,小児在宅医療クリニック(あおぞら診療所 前田浩利 医師)などのス タッフと連携して,対面的教育,eラーニングコンテンツの作成に当たる。
教育プログラム・
コース修了者の
キャリアパス構想
小児科専門医,小児神経専門医,在宅医療専門医相当の臨床能力を有し,茨城県のみならず,全国における在宅医療を強化・推進する中核の人材となる。
受入開始時期 平成27年4月
受入目標人数 対象者 H26年度 H27年度 H28年度 H29年度 H30年度
大学院生 0 1 1 1 1 4
小児科後期研修医 0 1 1 1 1 4
小児在宅医療を担う医師 0 0 1 1 1 3
0 2 3 3 3 11

大学名等 筑波大学大学院人間総合科学研究科
東京医科歯科大学医歯学総合研究科
教育プログラム・コース名 小児周産期領域医学画像診断開発人材養成プログラム(インテンシブ)
対象者 医学科大学院生
産婦人科,小児科,小児外科専門医取得後の医師
修業年限(期間) 4年
養成すべき人材像
  • 母体胎児画像診断に関する高度な知識・技能を有する産婦人科医
  • 小児画像診断に関する高度な知識・技能を有する小児科医,小児外科医
  • 先進的画像診断装置・診断方法の開発と実用化に向けて,医学工学連携を推進できる研究医
修了要件・履修方法
  • 医学科大学院生:
    本教育プログラム・コースで定める必修科目と選択科目を合計30単位以上履修 し,中間評価の合格を経て,博士論文の審査および最終試験に合格すること で,医学博士の学位を授与する。
  • 産婦人科,小児科,小児外科専門医取得後の医師:
    本教育プログラム・コースで定める科目を履修し,レポートを提出することに より,科目等履修生として単位を認定する。
履修科目等 <必修科目(単位)合計10単位:eラーニング>
超音波検査の基礎(2),CTの基礎(2),MRIの基礎(2),各種画像診断装置 の安全性(2),画像解析の基礎(2)
<選択必修科目(単位)合計5単位:実技演習>
胎児超音波診断実習(5)又は小児超音波診断実習(5)
<産科超音波検査選択科目(単位):eラーニング> 胎児ソフトマーカー(1),胎児心臓循環器(3),胎児頭部・腹部・四肢 (2),胎盤・胎児胎盤機能(2),癒着胎盤(1),子宮頸管長(1),母体静 脈血栓症(1),乳腺(2)
<小児超音波検査選択科目(単位):eラーニング>
脳(1),先天性心疾患(3),小児腹部(3)
<CT選択科目(単位):eラーニング>
骨系統疾患(1),CTアンギオグラフィ(1)
<MRI選択科目(単位):eラーニング>
母体脳循環(1),胎児MRI(1),低酸素性虚血性脳症(1),小児腹部(3)
教育内容の特色等
(新規性・独創性
等)
医療工学の進歩に伴い医療用画像診断装置は目覚ましい発達を遂げ,現在の 日常診療において必須のアイテムとなっている。画質の向上が従来の形態学的 診断効率を飛躍的に向上させたことは論を待たないが,近年では形態のみなら ず,画像診断装置から得られる様々な生体パラメタ―をバイオマーカーとして 用いることが試みられている。特に胎児・新生児期は外界の環境要因によるエ ピゲノム変化の感受性が最も高い時期であり,多因子により発生すると考えら れている発達障害の早期発見や,将来の成人病発症予測へ有用な情報が,周産 期・小児期の画像診断から得られる可能性が期待されている。しかしながら, これらの技術が実用化に至りにくい背景には,医学領域と工学領域の間を埋め る橋渡し的役割を担う人材の不足が一つの要因として挙げられる。そこで本教 育プログラムでは,臨床医として必須の画像診断技術・能力を習得するのみなら ず,必修科目の履修によりその物理的な背景,原理、画像解析理論をも理解し,小 児周産期医療分野における新たな画像診断ツールを開発する能力を有する人材を 養成することをも目的としている点が特色である。
筑波大学の総合大学としての先端医療開発力と,東京医科歯科大学の医系総 合大学としての研究力を融合させることで,全国における医学工学連携のモデ ルとなり得る独創的な教育プログラムと言える。
指導体制
  • eラーニングコンテンツは筑波大学大学院人間総合科学研究科,東京医科歯科 大学医歯学総合研究科の教員が協力して作成する。
  • 超音波診断実習は,筑波大学,東京医科歯科大学の教員,それぞれの大学の 臨床研修連携病院(土浦協同病院,茨城県立こども病院,茨城県立医療大学付 属病院など)の指導医が協力して実習する。
教育プログラム・
コース修了者の
キャリアパス構想
  • 超音波専門医取得
  • 学位取得
  • 研究留学
受入開始時期 平成27年4月
受入目標人数 対象者 H26年度 H27年度 H28年度 H29年度 H30年度
後期研修医 0 2 2 2 2 5
0 2 2 2 2 8