概要

東関東・東京高度医療人養成ネットワークとは

東関東・東京に位置する、筑波大学、東京大学、千葉大学、東京女子医科大学、自治医科大学が連携し、5つの大学病院及び関連病院の豊富な教育資源や得意分野を共有することにより、従来の枠を超えた研修を提供するプログラムです(平成20年度に、文部科学省の大型プロジェクト「大学病院連携型高度医療人養成推進事業」に採択されました)。

初期研修を修了し、上記5大学のいずれかで“後期専門研修プログラム”に所属する専門研修医は本プログラムの参加対象者となります。

プログラムの特徴

連携する5大学の診療科ごとに特色ある研修コースを設定しています。これにより、専門研修医が希望に応じて、短期(3ヶ月程度)及び長期(半年〜1年)にわたり、連携大学での研修に参加することが可能です。また、本事業のサポートで開催される5大学のセミナー等へ自由に参加することができます。

  • 5大学のご案内
  • 研修コースのご案内
  • セミナーのご案内

プログラムの一例

長期研修の流れ サポート 筑波大学 東京大学 千葉大学 東京女子医科大学<準備中> 自治医科大学
  • 東関東・東京高度医療人養成ネットワーク
  • 研修コース一覧
  • 研修医の一言
  • ダウンロード
  • 最終報告書はこちら ダウンロード