妊孕性(にんようせい)温存医療外来

疾患治療前に行う妊孕性(にんようせい)温存医療のご案内

筑波大学附属病院では、疾患治療前に行う妊孕性温存医療(精子凍結保存・胚凍結保存)を実施しています。
 

1.疾患治療前に行う精子凍結保存

  • 対象となる方
  •  がんや膠原病などの疾患に対する治療により精巣機能障害を来たし、将来的に無精子症に至るリスクを 有する患者さん
  • 精子凍結保存にかかる費用
  •  凍結開始時:50,000円(消費税別) (1年間維持管理費を含む)  保存更新時:20,000円(消費税別) (1年間維持管理費を含む)  融解費(1回):5,000円(消費税別) 
 

2.疾患治療前に行う胚凍結保存

  • 対象となる方
  •  がんや膠原病などの疾患に対する治療により卵巣機能障害を来たし、将来的に早発閉経に至るリスクを 有する患者さん
  • 胚凍結保存にかかる費用
  •  採卵から凍結保存まで:30万円から40万円程度(1年間維持管理費を含む)     *凍結する卵の個数により価格は異なります     *採卵を行う前の排卵誘発などにかかる費用は別途発生します  保存更新時:20,000円(消費税別)(1年間維持管理費を含む)  凍結融解胚移植:70,000円(消費税別)     *移植前のホルモン補充療法などにかかる費用は別途発生します
 

3.疾患治療前に行う妊孕性温存に関する診療科

    • 男性の妊孕性温存
    •  腎泌尿器外科担当医 古城(こじょう) 公佑・根来(ねごろ) 宏光
    • 女性の妊孕性温存
    •  産婦人科担当医 川崎 彰子・井尻 博子・板垣 博也・森 悠樹
 

4.疾患治療前に行う妊孕性温存で受診をご希望の方

  • ■当院でがん治療をされている患者さん
  • 1.がん治療の主治医が妊孕性温存の適正判断をします。患者さんは妊孕性温存を希望する場合、「妊孕性温存外来」を受診したい旨を主治医にお伝えください。
    2.主治医の方は、当院電子カルテ内 “原疾患主治医から生殖医への情報提供書” を記載のうえ、妊孕性温存担当医にコンサルテーションを行ってください。原則として、妊孕性温存担当医に直接ご連絡ください。特に治療開始までの期間が短い場合(男性:1週間未満、女性1か月未満)や、1週間以内の受診が難しい場合には必ず連絡してください。
    3.患者さんは、外来予約日に初診受付機で受付を済ませてください。該当する外来(男性は260外来、女性は250外来)で診察を行います。
    4.パートナー(ご夫婦など)がいらっしゃる場合は、ご一緒の受診をお勧めいたします。
    主治医からの情報提供書式

    • ■他院でがん治療をされている患者さん
    • 1.かかりつけ医師が妊孕性温存の適正判断をします。患者さんが妊孕性温存を希望する場合は、「筑波大学附属病院妊孕性温存外来」を受診したい旨をかかりつけ医師にお伝えください。
      2.かかりつけ医師の方は、ホームページ上の “妊孕性温存を希望する外来紹介患者情報提供用紙” を記載の上、筑波大学医療連携患者相談センターにFAXでお申し込み下さい。がん治療までの期間が短い(男性:1週間未満、女性:1ヶ月未満)等の場合は、まずは筑波大学病院総合がん診療センター生殖医療部門までお問い合わせ下さい。
      3.パートナー(ご夫婦など)がいらっしゃる場合は、ご一緒の受診をお勧めいたします。
      妊孕性温存を希望する外来紹介患者情報提供用紙 男性用 女性用
         

      5.問い合わせ先

       筑波大学附属病院総合がん診療センター生殖医療部門 TEL:029-853-8096

Get Adobe Reader

PDF ファイルをご覧いただくためには、Adobe Reader無償が必要です。Adobe Reader は Adobe Reader のダウンロードページ よりダウンロードできます。

array(2) { [0]=> object(WP_Term)#5732 (16) { ["term_id"]=> int(12) ["name"]=> string(12) "専門外来" ["slug"]=> string(7) "special" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(12) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(25) ["filter"]=> string(3) "raw" ["cat_ID"]=> int(12) ["category_count"]=> int(25) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(12) "専門外来" ["category_nicename"]=> string(7) "special" ["category_parent"]=> int(11) } [1]=> object(WP_Term)#5733 (16) { ["term_id"]=> int(11) ["name"]=> string(21) "来院・入院の方" ["slug"]=> string(10) "outpatient" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(11) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(95) ["filter"]=> string(3) "raw" ["cat_ID"]=> int(11) ["category_count"]=> int(95) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(21) "来院・入院の方" ["category_nicename"]=> string(10) "outpatient" ["category_parent"]=> int(0) } }

outpatient