初診受付時間
8:30~16:30(再診受付 7:30~16:00)
診療時間
平日9:00~17:00
休診日
土日、祝日、年末年始
面会時間
14:00~21:00(精神病棟は14:00~18:00)
玄関施錠時間
22:00~06:00
診療に関するお問い合わせ
029-853-3621(月~木 08:30~15:00)
代表番号
029-853-3900
予約電話番号
029-853-3570(※当院は全科予約制です)

つくホスPicksDetail

話題の認知力 アップデイケア


筑波大学附属病院精神神経科では、認知症の進行予防のために「認知力アップデイケア」を行っています。
参加者の皆さん、それぞれ楽しそうに過ごす一日。その様子をご紹介しましょう。


認知力アップデイケアは、軽度認知障害(MCI)や早期の認知症と診断された患者さんを対象に、認知症の進行を防ぐ治療の一環として開催されています。そのプログラムは曜日によって脳トレや芸術や音楽、運動など多種多様です。
10月のとある火曜日の午前中に行われていたのは、芸術の時間で木のボードに自分の名前を描くという課題。ひらがなやローマ字を使い、思い思いに下書き用の紙に描いたデザインをボードに写し取り、その後、絵の具やマーカーなどで彩色していきます。短時間の間にカラフルで個性的なネームボードが完成。最後に作品の鑑賞会を開いて芸術の時間は終了しました。利用者の皆さんとても仲良く、時には軽口も出るほど和気あいあいとした雰囲気。そして少しでも手が止まるとスタッフがすかさず声をかけて作業を促しているのも印象的でした。
「認知症は、運動だけ音楽だけというようにある一つのことだけを行うのでは予防にはなりません。あれもこれもやることが大切です。なので、このデイケアでは認知症予防に効果的であるプログラムをたくさん組み合わせています。具体的には有酸素運動や筋トレ、ダンスなどの「身体活動」、脳トレやパズルなどの「知的活動」、芸術や音楽、回想などの「心理活動」、疾患についての知識を得たり老いを考える「教育活動」の4つの柱に沿って構成しています」と話すのは、臨床心理士の金田裕子さん。芸術の時間は臨床美術士が担当していますが、その他のプログラムのインストラクターも健康運動指導士や音楽療法士などの資格を持つその道の一流の方々が指導しています。大学の附属病院ならではの充実した内容も大きな特徴です。
「利用者の皆さんからは、とても楽しい、ここに来てよかったというお声をたくさんいただいています。デイケアの効果については、デイケアを1年半行った人たちと行っていない人たちとでは、認知症スクリーニングテストの結果、デイケアを行った人たちの方が確実に認知症の予防効果が出ています。軽度認知障害(MCI)や早期の認知症と診断された方は、なるべく早くデイケアへ参加してくださいね」と金田さん。

ある月のプログラム