代表番号  
029-853-3900
予約電話番号
029-853-3570
(※当院は全科予約制です)

変形性膝関節症に対する多血小板漿( PRP )療法について

変形性膝関節症に対する多血小板血漿(Platelet-Rich Plasma: PRP)関節内注射治療(自由診療)について

2018年10月31日より、PRP療法を開始いたしました。

※ まずは、本治療の適応であるかを診断するために、1度通常の受診をしていただきます。
本治療は、保険診療で実施されている変形性膝関節症に対する既存の保存治療を かかりつけ医で十分に行われたにも関わらず奏功しない方を対象に行っております。
問診、診察、検査結果によって治療が行えない場合がありますのでご了承ください。
予約につきましては、予約センターにお問合せください。(受診には紹介状が必要です。)


PRPとは?

患者さん自身の血液を遠心分離した後に、血小板を多く含む血漿部分(血液の中の液体成分で、糊のような役割をもつタンパク質や、成長因子という栄養成分を含む)を抽出したものが、PRPです。血小板は止血機能以外に、その中に豊富な成長因子(栄養因子、細胞の機能を発揮させたり、細胞同士のネットワークをつなげたりする役割)を含むことがわかっています。日本では歯科・口腔外科や形成外科の領域で、骨形成(骨を作る)や創傷治癒(傷を治す)治療に応用されてきた歴史があり、欧米では、スポーツ選手の筋肉・腱などの外傷・障害治療に応用されています。近年、変形性膝関節症患者さんに対するPRP関節内注射の膝関節痛軽減効果が示唆されています。

当院で使用するPRP

患者さんが手術を受けた際に術後の痛みに対して痛み止めが使用されます。痛み止めには様々な種類があり、その作用機序は痛み止めの種類によって異なり、様々な痛みの病態に対して痛み止めを使い分けて使用しています。この痛み止めの例と同様に、調製方法によって得られるPRPの種類(生物学的特性)は異なります。当院では、我々が安全性試験を実施した際に用いた実績のある、白血球をほとんど含まないPRPを使用します。


実際の治療の流れ

末梢血(36mL)を採血しPRPを調製(院内施設)、6.0mLを関節内に注射します。 整形外科外来にて日帰りで実施します。

治療の流れ

治療後の流れ

  • 注射後2-3日間は激しい運動をしないでください。
  • 日常生活動作は注射当日から可能です。
  • 治療の経過観察のため、1・3・6・12か月後に外来受診をお願いします。
array(0) { }