筑波大学附属病院
筑波大学附属病院 総合臨床教育センター

膠原病リウマチアレルギー内科コース:メッセージ

コース長

住田 孝之

トランスレーショナルリサーチや分子標的薬によって、今後数年間でリウマチ膠原病診療はめざましい進歩を遂げます。
我々にとって、優れたリウマチ専門医の育成は急務であり、当グループでは、診療のみならず自立して基礎研究、または、臨床研究ができるリウマチ専門医を育成するためのプログラムを実践しております。
サイエンスに基づいた臨床・研究を行っていきましょう。

研修責任者

近藤 裕也 (病棟長)

茨城県は人口比で最も医師数の少ないエリアのひとつです。当施設が担当する医療圏は茨城県全域と千葉県北部,埼玉県北部と広域です。このため症例は豊富であり、稀な疾患も概ね経験することが可能です。一方でリウマチ性疾患の克服を目指して研究にも力を注いでいます。研究室は開放しており、また研究ミィーティングに参加することも可能です。このように当院では臨床・研究の両面で充実した研修を送ることが可能です。また他大学とも交流が盛んで、国内留学や短期研修なども含め、多彩な選択肢があることから、当プログラムは先生方から研修上の様々な要望に応えることができると考えています。相談・見学等歓迎しておりますので、興味がある方は是非ご連絡ください。

指導医

坪井 洋人

当科の後期専門研修では、関節リウマチ、全身性エリテマトーデス、血管炎などの代表的な膠原病・リウマチ性疾患の経験を十分に積むことができます。病棟では、週1回ずつの教授回診、准教授回診、講師回診を通して、症例の問題点、治療方針、最新のエビデンスに関して、有意義な議論が行われています。また、関節エコー、手専用コンパクトMRI等の最新の画像診断技術、生物学的製剤の使用方法に関しても習得することができます。さらに当科では後期研修医も外来を担当し、入院中に診療した患者さんの退院後の外来診療や、県内全域から紹介されてくる初診患者さんの対応に従事してもらっています。これらの経験を通して、後期専門研修の期間に、内科医としての幅広い知識・技術に加えて、膠原病・リウマチの専門診療に必要な知識・技術も兼ね備えた優れた臨床医の育成を目指しています。
膠原病・リウマチ学は、ベンチとベッドサイドの双方向性のトランスレーショナルリサーチが近年最も加速している分野です。多くの生物学的製剤が臨床応用され、優れた成績を挙げています。さらに新たな治療標的分子が次々に同定され、臨床応用へ向けた研究が盛んにおこなわれています。当科の教員や大学院生は、みなphysician scientistとして、基礎研究の内容を患者さんに還元し、目の前の患者さんから得られた知見を基礎研究に生かすべく、臨床と研究に励んでいます。後期専門研修の期間にも、基礎研究に触れることができ、physician scientistとしての目を養うことができます。
以上のように、当科では優れた臨床と最先端の研究を思う存分経験することができます。膠原病・リウマチ学を志す若い先生方を、心よりお待ちしています。私たちと一緒に、楽しく、実りある臨床と研究をやってみませんか。

レジデント修了者

萩原晋也(卒後9年目)

私は、後期研修2年目以降は院内での研修を選択しました。スペシャリストからの指導を受ける機会が多く、症例数も豊富であることが、大学病院での研修の魅力であると思います。後期研修は、専門分野へ進むうえでの最初のステップであり、経験を積むことでステップアップを図る大切な時期です。たとえば、専門外来を始めて担当するのもこの時期かと思います。まずはスタンダードな外来診療について指導を受け、それを実践し、判断に迷うことがあればすぐに意見を伺うことのできる上級医がいるというこの環境は、得難いものです。是非、一緒にステップアップしていきましょう。

レジデント

大山 綾子

私は初期研修は他院で行い、3年目から当科にfixしました。3年目の前半に産休・育休をとることになり、3年目の後半(育休復帰後)は初期研修先の病院のリウマチ膠原病科で引き続き専門研修を行わせていただきました。4年目から大学病院で「女性キャリアアップ支援システム」という制度を利用し時短勤務をさせていただいています。現在は病棟での副主治医、大学病院での専門外来、院外での専門外来と様々な経験を積ませていただき、時短勤務ながら非常に内容の濃い研修を行っています。
私の同期たちも半年間院外で研修を行うなど、当科では研修医の要望にあわせてフレキシブルに研修内容を考えていただいており、研修医にとってはとても有り難い環境です。病棟や外来で困ったことがあるときは、経験豊富な上級医の先生方にすぐ相談でき、的確な指導をいただくことができます。
当院は症例数も多く、診られる疾患も幅広いので、内科医・膠原病科医としてスタートを切るには抜群の環境だと思います。内科医・膠原病科医を志す方は是非当科にいらしてください。