筑波大学附属病院
筑波大学附属病院 総合臨床教育センター

腎泌尿器内科コース


TOPイメージ_腎泌尿器内科

高血圧症、糖尿病、肥満症などの生活習慣病の診療を行いながら、腎炎・免疫、透析・腎移植、老年内科といったより高い専門性を身に着けることができます。そのため、多くのメンバーが後期研修医を修了後に総合内科専門医に加え、腎臓専門医、透析専門医、高血圧専門医、アフェレーシス認定医、移植認定医といった認定・専門医を取得しています。
後期研修終了後の進路は、大学院博士課程、大学スタッフ、関連病院スタッフなど多岐に渡ります。付属する腎臓内科研究室では、フィールドワークに基づく慢性腎臓病に関する臨床研究、iPS細胞など幹細胞・再生医学研究、ミトコンドリア代謝を対象としたネフローゼ症候群の病態解明研究などを精力的に進めています。また、介入臨床試験や多施設大規模コホート研究も積極的に行っています。そのため、診療研修を行いながら、医学研究にも関心を持つことができる環境が整っています。