筑波大学附属病院
筑波大学附属病院 総合臨床教育センター

救急診療コース

当科は全年齢・全疾患を対象に1次~3次の垣根を越え、急性期患者すなわち「何かしらの病で辛く困っている患者」を全員診る、そして呼吸不全・循環不全の患者や他科でも手におえない患者が急性期を脱するまで管理し、「たとえ1%の確率でも患者本人・家族の希望があればその1%に戦いを挑む」「戦いを挑めなくとも患者本人・家族の希望をできるかぎり尊重した急性期の緩和医療も行う」救急・集中治療を目指し、チーム一丸となって発展しています。まさに「うなぎ上り」中の科であり、皆さんの手でもっともっと発展していけます!

また24時間・365日全力を尽くせるような体制を整備しています。日本の各診療科の中でもシフト制で勤務する数少ない科です。また女性医師の育児休暇やパート勤務、男性医師の育児休暇なども皆様に入局していただければ必ず実現させます。米国では診療科のERはとても人気があります。シフト制やパート勤務を導入しているからです。