筑波大学附属病院
筑波大学附属病院 総合臨床教育センター

救急診療コース:メッセージ

レジデント修了者からのメッセージ

萩谷 圭一(現病院講師)

救急・集中治療部での研修を振り返って

 私が救急・集中治療部での研修を始めたきっかけは、大きな手術を受けた患者や重症患者の術後管理について学び、術後管理を見据えた術中管理を行いたいと思ったからでした。私は元々麻酔科医として研修を始めローテーションをしなかったため術後管理について漠然とした知識しか知らず、集中治療領域の研修は間近で術後管理を見る良い機会だと思ったのです。様々な分野を専門とする医師が力を合わせ厳しいと思われていた患者を救命し人として社会に帰していくのを見てこのチームの一員になりたいと思い、また、救急や集中治療を専門とする医師が地元茨城では特に少なく医師不足解消の一助となればと思いこの分野での診療を続けています。
 当院の救急・集中治療部の特徴はやはり各診療科から経験を積んだ医師が集まってきているところだと思います。大学病院では複雑な基礎疾患をもつ患者が多く、そういった患者が他の疾患に罹患してしまった際にそれぞれどのレベルでバランスを取ればいいか判断に迷うことがどうしても出てきますが、循環器内科・外科や脳神経外科、整形外科、麻酔科、総合診療科といった各診療科で経験を積んできた医師同士で議論ができるためうまく乗り切れることが多くあります。また、同じ専門分野に属する医師だけで議論をしているとどうしても見方が偏ってしまうことがありますが、各診療科の先生と議論していると様々な視点があることに気付かされます。また、各検査や手技についても高いレベルで指導を受けることが出来るのも利点の一つだと思います。
当院の救急・集中治療部は出来てからまだ数年の新しい診療グループです。屋上ヘリポートや高気圧酸素治療装置の整備、救急や集中治療を専門に診療してきた先生方の加入、研修医の意見も取り入れての指導体制や勤務体制の整備など進化を続けています。私自身も新しい風に乗り遅れぬよう、チームの一員として誇りを持って診療にあたれるよう、日々精進しています。当科で研修し、救急、集中治療という非常にやりがいのある分野を共に支えてくれる医師が増えることを期待しています。

レジデントからのメッセージ

チーフレジデント(卒後6年目)

 私は、筑波大学附属病院救急・集中治療科で2012年度より後期研修医として診療に従事しております。
当科は、救急外来診療はもちろんのこと、院内の最重症例が集まる集中治療部門が充実しているのも特徴です。集中治療医学の主な目的は、中枢神経、循環動態、呼吸状態、すなわち「脳機能全般」、「心機能、血管抵抗、水分量」、「換気、酸素化」の最適化ですが、その応用領域は全身性炎症反応症候群(SIRS)、多臓器不全、急性呼吸窮迫症候群(ARDS)のような特殊重症病態の治療をはじめ、多岐にわたります。高ストレス下にある生体の恒常性を維持するために適切な治療技術を提供し、短期、中期、長期的予後を常に見据えながら診療を行います。
 大学病院の特徴として、単純な敗血症や呼吸不全、外傷のみならず、造血幹細胞移植後のSIRSやGVHD、自己免疫疾患など、実に多岐にわたる疾患が治療対象となっている点が挙げられます。いずれも治療が難しい症例ですが、丁寧に向き合うことで、他では得られない知識、技術が確実に習得されていくのを実感します。外科学、内科学、小児科学、麻酔科学などに高い専門性を有する指導医達との距離も近く、丁寧な指導を受けながら、各疾患領域の連関を非常によく理解した上で、安心して研修を行うことができます。技術習得を目的とした院外派遣にも積極的なプログラムであり、私も国内医療機関にて心臓血管外科を研修し、海外医療機関にて膜型人工肺の勉強をするなど、非常に貴重な経験を得ることができました。
 ここで得られる知識や技術は、臨床医学に限らず、様々な分野に役立つものと思います。将来の目標が定まっている人も、あるいは迷っている人も、一度、診療領域の枠を超えた病態制御を経験してみませんか。