セミナー 2021

【終了】第3回 つくばバイオデザイン体験ワークショップ

医療機器イノベーションを起こす仕組みを学んでみませんか?

ポスター クリックしてポスターを表示
 
 バイオデザイン(;Stanford Biodesign)とは、医療機器開発において‘リーダー’となり得る人材を育成するため、 臨床現場のニーズを出発点とした課題解決型のイノべーションに必要な考え方やスキルを実践的に習得するプログラムです。
 AMED橋渡し拠点間ネットワーク育成事業、次世代医療機器連携拠点整備等事業による支援の下、医療現場のニーズに基づいた  解決策の創出・開発の初期段階における事業性の検証等のイノベーション実現のための『バイオデザインプロセス』を体験する  ワークショップを開催致します。今回も、ジャパンバイオデザインファカルティにご協力いただき、講師を務めていただきます。
 現場のニーズを正しく理解することは、バイオデザインに限らず、研究成果の社会実装を目指す者にとっても、身につけておくべき基本的事項です。  また、ニーズ解決のアイデアを「デザイン思考」に基づいて創造する手法も、近い将来innovativeな発明を産み出す大きな一助になることでしょう。
 学生・院生も含めた若手研究者、医師、企業の研究開発者など幅広い世代・専門領域の方にご参加頂き、 team diversityの効果を実感できるプログラムを準備してお待ちしています。医療機器業界でイノベーションを起こしたい方、 医療機器開発に関わっておられる方は勿論、医療機器スタートアップに多少でも興味がある方にも是非ご参加いただきたく、ご案内申し上げます。

次世代医療機器連携拠点整備等事業について

開催情報

日時

2021年2月17日(水) 9:00~16:00(休憩:12:00-13:00)

会場

Web会議システムによるオンライン開催

講師

野口 裕史先生
(バイオデザイン・グローバルファカルティ)筑波大学附属病院 病院講師(整形外科)、つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)
西内 大祐先生
(ジャパンバイオデザイン・インダストリアル ファカルティ)テルモ株式会社
竹下 修由先生
(ジャパンバイオデザイン・アルムナイ(2016年フェロー))国立がん研究センター東病院NEXT医療機器開発センター医師(消化器外科))

内容

参加費

無料

定員

20名(先着順)

申込方法

お申込み受付は終了いたしました。

お問合せ

つくば臨床医学研究開発機構(T-CReDO)TR推進・教育センター事務局
TEL:029-853-3630
E-Mail:TR_info/@/md.tsukuba.ac.jp (/@/を@に置き換えてください)