本文へスキップ

つくばヒト組織診断センター

筑波大学付属病院

TRRC設立理念

TRRC設立理念

TRRCはTranslational Research and Resource Coreの略です。近年、分子標的治療が悪性腫瘍治療の根幹になりつつあります。一定の分子に対する治療には対象分子の状態(点突然変異や増幅)をあらかじめ解析しておく必要があります。ホルマリン固定材料でも一定の解析は可能ですが、新鮮材料の保存が望ましいと考えられます。一方で、医学研究、特に腫瘍学研究では研究が一定の段階に達すれば細胞や動物を用いた研究に加えて、ヒト組織を用いた研究が不可欠です。しかし、個々の病院でそれぞれの検体を管理すると重複や管理の水準の差が大きく、さらに手間がかかります。そこで、や筑波大学附属病院ならびにTHDC参加病院、あるいは県内の基幹病院を対象に、県内の病院で治療を受けられている患者さまから採取された新鮮材料を一元保存管理するシステムを立ち上げました。これがTRRCです。 またこれに付随して病理検体を用いた免疫染色やFISHなどの病理学的解析を行い、研究を支援いたします。 検体管理や免疫染色は筑波大学のそれぞれの専門スタッフがあたり、責任を持って対応致します。是非、有効利用いただいて診療・研究をスムーズに行っていただければ幸いです。

ご利用案内

申込方法や料金などは業務別にご案内しています。新鮮材料の保存に関する情報は『検体管理』から、研究支援に関する情報は『免疫染色』からお入り下さい。

検体管理 免疫染色

バナースペース

つくばヒト組織診断センター

〒305-8576
茨城県つくば市天久保2丁目1番地1

TEL:029-853-3865(診断・解剖)

        3728(TRRC)

mail:trrc@hosp.tsukuba.ac.jp