センター特色

センター特色

本学体育系は、体育・スポーツ・健康を中心とした組織であり、国内屈指の名トレーナーが多数在籍するとともに、教育訓練されたトレーナーを国内外に多数輩出しています。さらには、スポーツを科学的にとらえ、スポーツの和でもある、心・技・体の調和をはかるため、体育総合実験棟(SPEC)を設置し、最新の設備と国内最大級のトレーニング施設を兼ね備えています。
また、医学医療系では、国際級の各種ワールドカップ等の専属スポーツドクターが活躍し、競技指導者へのスポーツ医学教育を含め、日本でもトップクラスの診療・リハビリ体制を確立しています。このように本学は体育系と医学系の専門家集団が連携を図りつつ、総合的なスポーツ医学をプロデュースできる環境を備えています。

筑波大学の強みを活かしたスポーツ医学の提供
  • 医学と体育の専門学群を併せ持つ「総合力」
  • 医学と体育のプロが連携し復帰のためのシームレスなリハビリテーションが可能
  • 国際大会などのプロスポーツ大会のサポート実績

 

大学病院ならではの高度な診断治療・臨床研究の実施
  • 低侵襲で高度な治療
  • 再生医療をはじめとする先進的な治療法のアスリートへの応用
  • スポーツによる筋量・筋力減少抑止、代謝改善を図る方法の開発