外部資金公募情報

AMED橋渡し研究プログラム拠点としての令和4年度支援課題の公募(シーズAの締切延長)

令和4年度支援課題の公募

ポスター クリックしてポスターを表示  筑波大学/T-CReDOは、AMED橋渡し研究プログラムの橋渡し研究支援拠点として公募するシーズA研究課題の募集期間を12月17日(金)まで延長いたします。

 なお、現行の橋渡し研究戦略的推進プログラムは令和3年度をもって終了し、令和4年度より橋渡し研究拠点(橋渡し研究支援機関)の認定制度となります。 現在、筑波大学は拠点の認定申請中で審査を受けているところです。また、本公募は、AMED からの令和4年度シーズ公募要項通知前に開始するものであり、 詳細は文部科学省とAMEDにおいて調整中です。従って、本公募でご案内する内容は確定したものではありません。
今後、国の予算や制度改正の状況等によっては、事業の実施の有無や研究費等の内容が大幅に変更になる可能性があることについて、 ご理解の上でご応募いただくようお願いいたします。


1)募集対象

募集対象は、医薬品・医療機器・再生医療等製品等の候補となるアカデミア発のシーズに関する研究課題です。 公募は本プログラムに伴うシーズパッケージ制度に基づき筑波大学拠点が行うものです。

ステージ 要件 金額・期間
シーズA 2年以内に関連特許出願を目指す基礎研究課題
・支援額は、採択数と評価により、拠点にて決定します。
最長2年間、最大500万円/ 年(*)
preF 関連特許出願済みで、非臨床POC取得に必要な試験パッケージの策定を目指す課題
・研究開発実施予定期間内に治験開始に必須な非臨床試験の項目についての対面助言を終了及び企業との連携を行うための計画が立てられていることを応募条件とする。
2年間、1000万円/ 年
シーズF 関連特許出願済みかつ、開発にあたって企業連携が確立しており、非臨床POC取得及び治験届提出を目指す課題、あるいは医療への適応のため、早期・戦略的な企業導出を目指す課題
・大学等と企業の共同提案であること
・原則、PMDA対面助言を実施していること 等
を応募条件とする。
5年間、7000万円/ 年
シーズB 関連特許出願済みである以下の研究開発課題
・非臨床 POC 取得、シーズF後半又はシーズCへのステージアップ等を目指す医薬品、医療機器及び再生医療等製品等の研究開発課題
・薬事申請用臨床データ取得を目指す体外診断用医薬品の研究開発課題
最長3年間、最大5000万円/ 年
シーズC 関連特許出願及び非臨床POC取得済みである以下の臨床研究課題
・治験を目指して1年度以内に臨床試験の準備を完了し、その後2~3年度以内に臨床POCを目指す課題
1年目、1000万円/ 年、
支援開始1年後のステージゲート後、最長3年間、8000万円/ 年

(*) 令和3年度筑波大学拠点にて採択されたシーズAの研究課題について令和4年度の支援継続を希望される場合には、 新たに「令和4年度シーズA継続申請書」を提出し審査をうけることが必要です。

2)応募期間

令和3年10月18日(月)~
 11月10日(水)12:00(preF/ シーズC)
 11月26日(金)12:00(シーズA / B/ F) シーズAは12月17日(金)まで延長します

3)応募方法

公募案内および公募要項を参照の上、各申請書様式をダウンロードし、必要事項を記入して、adm_seeds#@#un.tsukuba.ac.jp(#@#を@に置き換えてください) へ提出してください。


4)問合せ先

筑波大学つくば臨床医学研究開発機構
研究開発マネジメント部
河内康司(かわうちやすし)、小野瀬惠里子(おのせえりこ)
E-mail:adm_seeds#@#un.tsukuba.ac.jp(#@#を@に置き換えてください)
TEL:029-853-5625