日中医療連携 COVID-19に関するオンライン意見交換会を実施しました

日中医療連携 COVID-19に関するオンライン意見交換会を実施しました

 5月29日(金)日本と中国の医師によるCOVID-19に関するオンライン意見交換会が、本院のJIH推奨病院認証機関である、Medical Excellence JAPAN主催で開催されました。
 初めに、二階俊博 自由民主党幹事長、ジャック・マー アリババ公益基金会長からご挨拶をいただきました。その後、症例発表として、中国側から浙江大学医学院附属第一病院の梁廷波教授、日本側から順天堂大学医学部附属浦安病院救命救急センター長の田中裕教授および同センター・熊川靖章医師、本院からは救急・集中治療部の井上貴昭教授が、わが国における人工呼吸管理やECMO管理を要する重症例・重篤例の救命率の高さについて、詳細なデータとともに発表されました。その後の意見交換会は大変白熱し、予定時間をオーバーするほどでした。
 この意見交換会の背景は、COVID-19の感染拡大に伴う日本でのマスク等医療物資の供給不足の中、中国のジャック・マーアリババ公益基金会長から、一般社団法人日本医療国際化機構を通して、JIH推奨病院にマスクや防護服が寄贈されたことによるもので、本院でも二度にわたりご支援をいただきました。
 これを契機に、日本からも医療技術を提供し、日中の医療交流連携につなげようと、今回の意見交換会が提案されました。

 当日はアリババのプラットフォームからライブ配信もされ、多くの方々に閲覧いただける形式をとり、アクセス数が2300件を上回ったとの報告です。
 ウイルスに国境はなく、「雨天の時の友」として互いに助け合える体制構築が肝要な現代、今後もこのような国を超えた医療技術連携の重要性が認識される、実りある意見交換会となりました。
 中国では、同日、テレビニュース番組のフェニックステレビにて、意見交換会の内容が放映されました。
https://xaan.md.tsukuba.ac.jp/Mediasite/Play/9e8d5e36b4154691b3804528e09f27e51d

ジャック・マーアリババ公益基金会長 二階俊博 自由民主党幹事長
ジャック・マーアリババ公益基金会長 及び 二階俊博 自由民主党幹事長による挨拶

浙江大学医学院附属第一病院
梁廷波教授 及びGMCCメンバー
浙江大学医学院附属第一病院 梁廷波教授 及び GMCCメンバー

本院医師各位
本邦の事例について発表する井上貴昭教授 (右側)
平松祐司診療・国際担当副病院長 兼国際医療センター部長(中央)
及び鈴木貴明国際医療センター副部長(左側)

尚、本意見交換会に係る当院側の調整は、国際医療センターが中心となり行いました。
国際医療センターの活動はこちら