患者さん専用回線
029-853-7668(※当院は全科予約制です)

本学、コンケン大学、ラオス保健科学大学との戦略的パートナー協定調印式を実施

本学、コンケン大学、ラオス保健科学大学との戦略的パートナー協定調印式を実施

12月21日、本学は、タイ王国コンケン大学とラオス人民主共和国ラオス保健科学大学の3者で、戦略的パートナー協定を締結しました。オンラインで実施した調印式には、本学から永田恭介学長、コンケン大学からマイトリイ副学長(Assoc. Prof. Maitree Inprasitha Vice President for Education and Academic Services)、ラオス保健科学大学から ボントーム・サムントリー学長(Dr. Bounthome Samountry、 Interim President)が出席しました。

本協定は、本院の鈴木貴明 国際医療センター副部長(高度救命救急センター併任)らによる「交通事故から住民の命を守る救急救命活動支援プロジェクト(対象国ラオス)」が、本学で初めて「JICA草の根技術協力プロジェクト(パートナー型)」に採択されたことを契機とし、タイ・コンケンの地理的優位性を活かしたCLMV(注)展開、救命救急をはじめとする様々な教育研究分野における多国間連携をさらに発展させることを狙いとするものです。

調印式後のプレゼンテーションは、大根田修 国際室長の挨拶ではじまり、続いてJICA代表としてタイ事務所 湯浅次長から、今後の期待を込めたご挨拶がありました。
その後本院より、井上貴昭 救急・集中治療診療科長、平松祐司 副病院長、鈴木貴明 国際医療センター副部長が登壇され、コロナ禍においての本邦での救急救命や、”No one should die for lack of Emergency Care!” のスローガンのもとCLMV各国での救急医療の今後の展開について、さらに日本の医学教育システムについての発表がありました。
その後、3大学およびJICA各事務所(タイ・ラオス・筑波国際センター)間での今後の発展的展開に向けた意見交換の場が持たれました。

今後、この協定を皮切りに協定大学、および関係機関との間におけるさらなる連携の発展が期待されます。

(注)カンボジア、ラオス、ミャンマー、ベトナムの頭文字


調印式の様子(永田学長)


平松祐司 副病院長によるプレゼンテーション


井上貴昭 救急・集中治療診療科長によるプレゼンテーション


鈴木貴明 国際医療センター副部長によるプレゼンテーション