代表番号  
029-853-3900
予約電話番号
029-853-3570
(※当院は全科予約制です)

先進医療

 

実施中の先進医療

茨城県がん先進医療費利子補給金助成事業

茨城県がん先進医療費利子補給金助成事業のポスター

茨城県の
ページ
茨城県がん先進医療費利子補給金助成事業
問合せ先
茨城県保健福祉部保健予防課がん対策推進室
029-301-3224

Yobo2*pref.ibaraki.lg.jp

お手数ですが、メール送信の際は*を@に変えてください

資料 印刷用ポスターPDF形式:365KB

実施中の先進医療について

多焦点眼内レンズを用いた水晶体再建術

診療科 眼科
適応症 白内障
主な内容 多焦点眼内レンズは、無水晶体眼の視力補正のために水晶体の代用として眼球後房に挿入される後房レンズである点では、従来の単焦点眼内レンズと変わりはない。
しかし、単焦点眼内レンズの焦点は遠方又は近方のひとつであるのに対し、多焦点眼内レンズはその多焦点機構により遠方及び近方の視力回復が可能となり、これに伴い眼鏡依存度が軽減される。
費用 ①通常のレンズを使用する場合¥350,000 ②トーリックレンズを使用する場合¥365,500

経胎盤的抗不整脈薬投与療法

診療科 産婦人科、小児科
適応症 胎児頻脈性不整脈胎児の心拍数が毎分百八十以上で持続する心房粗動又は上室性頻拍に限る
主な内容 胎児頻脈性不整脈は、胎児の心不全をきたし、子宮内胎児死亡へ至る可能性があるものです。筑波大学附属病院では、胎児心磁図検査を施行することにより、より詳細な不整脈診断ができるようになりました。
本治療は、入院、24時間の安全管理のもとで行われます。まず、小児循環器医による胎児心エコー及び胎児心磁図にて不整脈の診断を行い、抗不整脈の使用薬剤及び投与量を選択します。胎児心拍モニタリング下で、母体を介し経胎盤的に胎児へ投与し、胎児頻脈性不整脈の消失、早期娩出の減少及び胎児死亡率の低下等の効果が期待されます。

パクリタキセル静脈内投与及びカルボブラチン腹腔内投与の併用療法

診療科 産婦人科
適応症 上皮性卵巣がん、卵管がん又は原発性腹膜がん
費用 ¥5,238

コレステロール塞栓症に対する血液浄化療法

診療科 腎泌尿器内科
適応症 コレステロール塞栓症
費用 患者負担なし

放射線照射前に大量メトトレキサート療法を行った後のテモゾロミド内服投与及び放射線治療の併用療法並びにテモゾロミド内服投与の維持療法

診療科 脳神経外科
適応症 初発の中枢神経系原発悪性リンパ腫病理学的見地からびまん性大細胞型B細胞リンパ腫であると確認されたものであって、原発部位が大脳、小脳又は脳幹であるものに限る。
費用 ¥121,478

テモゾロミド用量強化療法

診療科 脳神経外科
適応症 膠芽腫初発時の初期治療後に再発又は増悪したものに限る。
費用 ¥3,2911コースにつき

ウイルスに起因する難治性の眼感染疾患に対する迅速診断(PCR法)

診療科 眼科
適応症 豚脂様角膜後面沈着物若しくは眼圧上昇の症状を有する片眼性の前眼部疾患(ヘルペス性角膜内皮炎又はヘルペス性虹彩炎が疑われるものに限る。)又は網膜に壊死病巣を有する眼底疾患(急性網膜壊死、サイトメガロウイルス網膜炎又は進行性網膜外層壊死が疑われるものに限る。)
費用 ¥27,000

マルチプレックス遺伝子パネル検査

診療科
適応症 進行再発固形がん(切除が困難で進行性のもの又は術後に再発したものであって、原発部位が不明なもの又は治療法が存在しないもの、従来の治療法が終了しているもの若しくは従来の治療法が終了予定のものに限る。)
費用 ¥655,250

内視鏡下手術用ロボットを用いた腹腔鏡下広汎子宮全摘術

診療科 産婦人科
適応症 子宮頸がん(FIGOによる臨床進行期分類がIB期以上及びIIB期以下の扁平上皮がん又はFIGOによる臨床進行期分類がIA2期以上及びIIB期以下の腺がんであって、リンパ節転移及び腹腔内臓器に転移していないものに限る。)
費用 ¥1,224,000
array(2) { [0]=> object(WP_Term)#5589 (16) { ["term_id"]=> int(18) ["name"]=> string(12) "先進医療" ["slug"]=> string(36) "%e5%85%88%e9%80%b2%e5%8c%bb%e7%99%82" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(18) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(11) ["count"]=> int(1) ["filter"]=> string(3) "raw" ["cat_ID"]=> int(18) ["category_count"]=> int(1) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(12) "先進医療" ["category_nicename"]=> string(36) "%e5%85%88%e9%80%b2%e5%8c%bb%e7%99%82" ["category_parent"]=> int(11) } [1]=> object(WP_Term)#5590 (16) { ["term_id"]=> int(11) ["name"]=> string(21) "来院・入院の方" ["slug"]=> string(10) "outpatient" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(11) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(94) ["filter"]=> string(3) "raw" ["cat_ID"]=> int(11) ["category_count"]=> int(94) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(21) "来院・入院の方" ["category_nicename"]=> string(10) "outpatient" ["category_parent"]=> int(0) } }

outpatient