がんゲノム外来のご案内

筑波大学附属病院では,患者さんのがんに関する遺伝子を1回の検査で網羅的に解析し,抗がん剤の選択に役立てるがん遺伝子パネル検査をする『がんゲノム外来』を開設しています。がんゲノム外来では,網羅的がん遺伝子解析(がん遺伝子パネル検査)により,がん細胞に特異的な遺伝子の異常を見つけ,患者さんに最も適した治療薬の情報を提供します。(検査結果によっては,提供できない場合があります)
*がんに罹患しているかどうかを調べる(スクリーニング,検診)ために,がん遺伝子パネル検査を受けることはできません。
*医療保険制度上の費用負担の関係で,当院または他院に入院中の患者さんは,がん遺伝子パネル検査を受けることはできません。

がん遺伝子パネル検査の保険適用について

がん遺伝子パネル検査は以下の1~3の条件をすべて満たす場合,保険が適用されます。

1.全身状態が良好である。<パフォーマンスステータス(PS)0~1 >
2.病理学的診断によって悪性固形腫瘍(固形がん 注:1)と診断されている。
   ※3年以内に手術または針生検で採取された病理組織検体が必要です。
3.治癒切除不能または再発の病変を有する(1)または(2)の腫瘍。
    (1)標準治療がない,標準治療が終了している,もしくは終了が見込まれる固形がん
    (2)原発不明がん(注:2)

注:1 固形がん
がんのうち血液を作る臓器である骨髄やリンパ節から発生する白血病やリンパ節をのぞいた,かたまりを作って増殖するタイプのがん(例:胃がん,肺がん,乳がん等)のことです。

注:2 原発不明がん
がんが発生した臓器(原発部位)から離れた部位で進展したがん(転移巣)が先にみつかり,原発部位がわからないがんのことです。全固形がんの3%から5%を占めます。

<パフォーマンスステータス(PS)について>
パフォーマンスステータスとは,ECOG(米国の腫瘍学の団体)が決めた全身状態の指標であり,病気による局所症状で活動性が制限されている場合には,臨床的に判断することになっています。

0:まったく問題なく活動できる。発症前と同じ日常生活が制限なく行える。
1:肉体的に激しい活動は制限されるが,歩行可能で軽作業や座っての作業を行うことができる。
  例:軽い家事,事務作業
2:歩行可能で,自分の身のまわりのことはすべて可能だが,作業はできない。日中の50%以上はベッド外で過ごす。
3:限られた自分の身のまわりのことしかできない。日中の50%以上をベッドか椅子で過ごす。
4:まったく動けない。自分の身の回りのことはまったくできない。完全にベッドか椅子で過ごす。

上記条件を満たさずにがん遺伝子パネル検査を希望する場合や,単に検査の事を詳しく聞きたい場合などは自由診療となります。

がんゲノム外来受診の流れ

■当院でがん治療をされている患者さん
(1)主治医ががん遺伝子パネル検査の適正であるか確認したうえで,ご希望される場合は『がんゲノム外来』の予約をお取りします。
(2)外来予約日に来院され,再診受付機で受付を済ませてから診察室(A棟3階 A310外来)で診察となります。

■他院でがん治療をされている患者さん
(1)『がんゲノム外来』を受診したい旨を現在通院中の主治医にご相談ください。現在通院中の主治医ががん遺伝子パネル検査の適応であるか確認いたします。
(2)がん遺伝子パネル検査の適応の場合は,主治医の先生が「がんゲノム外来受診予約申込書」および「診療情報提供書」,「病理組織診断報告書(控)」,「採血結果」,「画像データ」,「病理組織検体(病理組織診断したプレパラート一式)の6点を準備後,通院している医療機関から筑波大学附属病院総合がん診療センター(FAX:029-853-3404)にFAXでお申し込みしていただきます。
(3)当院でがん遺伝子パネル検査の適応確認後,『がんゲノム外来』の予約をお取りします。
(4)予約の日時につきましては,現在通院中の主治医へ予約票をFAXでお送りいたします。
(5)外来を受診する当日は,予約票,健康保険証,診療情報提供書・病理検体・採血結果・画像データを忘れずにお持ちください。
※再診(過去に筑波大学附属病院に受診したことがある)の方は,診察券もお持ちください。
(6)当院に初めて受診の方は,初診受付で受付が済んだ後,診察室(A棟3階 A310外来)で診察(初回)となります。
(7)再診の方は,5番 再診受付で受付が済んだ後,診察室(A棟3階 A310外来)で診察(初回)となります。
(8)診察(初回)で,当院のがんゲノム担当医が「がん遺伝子パネル検査」の適応と判断した場合に,「がん遺伝子パネル検査」に関するご説明をいたします。
(9)「がん遺伝子パネル検査」に同意された場合には,検査を行うための準備をいたします。
筑波大学附属病院総合がん診療センターから現在通院中の主治医にがん遺伝子パネル検査を行うための「病理組織検体(検査提出用)の準備」に関するご連絡をいたします。次回のがんゲノム外来受診の際に,必ず「病理組織検体(検査提出用)」をお持ちいただき,当院のがんゲノム外来の担当医へお渡しください。
(10)がんゲノム外来の終了後は,原則,がん治療は現在通院中の主治医(紹介元医療機関)で行っていただくことになります。

がんゲノム外来受診にあたって

 当院のがんゲノム外来には,患者本人の受診をお願いしています。また,ご家族がいらっしゃる場合は,できるだけご一緒にお越しください。

 がん遺伝子パネル検査の費用について

■保険診療のがん遺伝子パネル検査
    「OncoGuideTM NCCオンコパネルシステム」      560,000円(56,000点)
    「FoundationOne® CDxがんゲノムプロファイル」   560,000円(56,000点)

 検査提出に係る診療時に8,000点(保険診療自己負担分を支払),検査結果説明時に48,000点(保険診療自己負担分を支払)の算定となります。※高額療養費制度の適用あり

<保険診療自己負担3割の場合>

 

診察料

がん遺伝子パネル検査料

初診時

初診料850円(282点)

 

検査提出時

再診料220円(74点)

24,000円(8,000点)

検査結果説明時

再診料220円(74点)

138,000円(48,000点)

※高額療養費適用の場合には,上限額に基づき計算された金額のご負担になります。
検査提出前に,適応判断するため検査等を行った際は,別途費用が発生いたします。

※注 使用する組織検体の状態によっては検査が実施出来ない場合があります。その場合でも検査申し込み費用や検体の品質確認に要した検査費や施設利用料などの費用がかかりますので,ご了承ください。また,保険診療の適用につきましては,当院のがんゲノム外来担当医が患者さんの組織検体の状態や治療経過,全身状態等で判断いたします。保険適用でないと判断された場合は自由診療となりますので,あらかじめご了承ください。

■自費診療のがん遺伝子パネル検査
    「PleSSision検査(プレシジョン検査)」  506,000円(税込)

診察料・検査料も全て自費診療となります。
診察に関する費用は次のとおりです。

 

診察料

がん遺伝子パネル検査料

初診時

■セカンドオピニオン 44,000円(税込)

組織診断料 4,950円(税込)

がんゲノム外来担当医から,遺伝子検査について説明を受け,検査を希望しない場合はここで終了となります。

 

検査提出時

■再診料  740円

506,000円(税込)

検査結果説明時

■再診料  740円

 

がんゲノム外来の予約について

がんゲノム外来は,月曜日(14時)・火曜日の午後(15時または16時)に行います。

■当院でがん治療をされている患者さん
まずは主治医にご相談ください。

■他院でがん治療をされている患者さん
現在通院中の病院からの紹介および予約が必要です。患者さんからの診療予約の申込は受付していません。現在通院中の主治医にご相談のうえ,病院を介して予約してください。外来受診にあたっては,現在までのがん診療に関する「診療情報提供書」(現在通院中の病院が作成・発行),過去の採血結果・画像データ,病理組織報告書・病理組織検体(組織診断したプレパラート一式)が必須となります。

主治医の先生へお願い

■当院の主治医
1.腫瘍内科グループに事前にご一報下さい。
2.コンサルテーション機能を使って,がんゲノム外来を予約してください。

■他院の主治医
1.患者さんががん遺伝子パネル検査を希望された場合は,がん遺伝子パネル検査の対象者であるか必ずご確認ください。
2.がん遺伝子パネル検査を行うために,次のことについて「診療情報提供書」に詳細にご記載ください。
  ◇病歴・治療経過について
  ◇化学療法治療歴および有害事象の有無(全てお書きください)
    有害事象があった場合には,その内容と程度(CTCAE V5.0)をご記載ください。
  ◇過去に遺伝学的検査を行ったことがある場合は,検査内容と検査結果(写し)を別封して患者さんにお渡しください。
  ◇主治医からみた患者さんの予後について
3.紹介していただくにあたり,次の内容についてご準備ください。
  ◇外来診療申込書
  ◇診療情報提供書
  ◇患者情報シート【肺がん】【食道・胃・腸がん】【乳がん】【肝がん】【皮膚がん】【その他のがん
  ◇過去の採血結果
  ◇画像データ
  ◇病理組織報告書
  ◇病理組織検体(病理組織診断したプレパラート一式)
4.外来診療申込書および診療情報提供書等を総合がん診療センター(FAX:029-853-3404)まで,FAXでお送りください。また,外来診療申込書を除き,診療情報提供書等及び病理組織検体を患者さんが「がんゲノム外来」受診の際に持参できるようご準備をお願いいたします。
5.「がん遺伝子パネル検査」が適応と判断し,患者の同意が得られた場合には,筑波大学附属病院総合がん診療センターから主治医へ「病理組織検体(検体提出用)の準備」に関するご連絡をFAXいたします。患者さんが次回のがんゲノム外来の受診時に持参できるよう病理検体のご準備をお願いいたします。
   (1)3年以内に採取された病理組織検体(ホルマリン固定パラフィンブロック検体:FFPE)をご準備ください。
           ※ゲノム診療用病理組織検体取扱い規定を一読ください。
           ※ホルマリン固定は,10%中性緩衝ホルマリンで6〜48時間行うことが推奨されています。
           ※保存期間3年を超えた病理検体では,解析成功率が低くなる可能性があります。


 引用:ゲノム診療用病理組織検体取扱い規程 P.31-32(実証データ8,9)

   (2)腫瘍比率20%以上のブロックを選んでください。
         ※腫瘍細胞比率は有核細胞数比率を指します(面積比ではありません。)
         ※腫瘍細胞比率が20%を下回る場合,解析に使用できません。
         ※腫瘍細胞比率が20%を下回るが,下記条件を満たす未染標本を用意できる場合,腫瘍部のみを使用して解析
    できます。(マクロダイセクション)
          腫瘍面積 4 x 4 mm2 (16 mm2)以上
          腫瘍細胞比率が20%以上
          標本枚数 5μm厚10枚,もしくは10μm厚5枚

   (3)HE染色標本2枚とゲノム解析用未染標本15枚(5μm厚)をご用意ください。
         ※ゲノム解析用未染標本は剥離防止コートスライドガラスで作製してください。
         ※連続切片を作製し,図のように,HE染色標本とゲノム解析用未染標本を作製してください。

   図

         HE染色標本が用意できない場合,当院で染色を行いますので,連続切片の順番がわかるようにフロスト部分に
   記載してください。
         ※他検体のコンタミネーション防止のため,ゲノム解析用未染標本を作製する際には以下の3点を推奨します。
           ① 新たなミクロトームブレードを使用する。
           ② 未染標本作製前にウォーターバスを洗浄する。
           ③ 手袋を着用する。

   (4)ホルマリン固定に関する情報をご提供ください。こちらを記載の上,併せてご提出ください。

標本作製に関する問い合わせ先
 当院病理部受付 担当:中川
 029-853-3865(直通)
問い合わせ先
筑波大学附属病院総合がん診療センター がんゲノム医療部門     TEL:029-853-8096 FAX:029-853-3404
array(0) { }