患者さん専用回線
029-853-7668(※本院は全科予約制です)

緩和ケアセンター

森林本院には、がんや慢性心不全などをはじめとする重い病で入院治療中の患者さんとそのご家族が、こころや身体の苦痛を緩和し、安心して生活を送れるように支援する「緩和ケアチーム」があります。また、外来では、緩和ケアを専門とする医師と看護師が、緩和ケア外来での診療を実施しております。

筑波大学附属病院の緩和ケアセンターの役割とは・・・

・病気の時期に関わらず、こころや身体の様々な症状を感じた時が、緩和ケアを受けるのに適したタイミングです。緩和ケアは治療と並行して受けることができます。病気そのものの治療に前向きに取り組めるように様々な症状を和らげ、主治医の先生方と協働して、患者さんやご家族を支えます。
・患者さんやご家族の考え方を尊重した治療やケアを提供します。
・緩和ケアを、必要な人に、適切に届けるために必要な、緩和ケアに関する教育・研修・研究活動に積極的に取り組みます。

なお、本院のリンパ浮腫セルフケア外来は、本院に入院中、もしくは通院治療中の患者さんのみの診療となります。あらかじめご了承ください。

入院中の患者様には・・・

本院の緩和ケアチームは、主科(現在主に通院されている診療科の医師など)から依頼を受け、コンサルテーション活動をしております。緩和ケアを専門とする医師、緩和ケアを専門とする看護師、精神科医師、薬剤師、管理栄養士などの多職種から構成されており、それぞれの専門性を活かし、入院中の患者さんやご家族に対して症状緩和やケアを提案します。また、主治医や担当医、病棟スタッフとも連携をとり、より良い状況で治療が行えるよう支援します。

緩和ケアチームのご案内(PDF形式:137KB)

外来通院中の患者様には・・・

花畑風景 緩和ケア外来では、治療と並行して緩和ケアを受けることが可能です。主治医の先生方と連絡をとり合いながら、病気の時期に関わらず、こころや身体のつらさを感じた時から、苦痛を和らげる治療やケアを積極的に行っていきます。外来に引き続き、入院時には緩和ケアチームが病棟回診を行い、継続して症状緩和を行います。また患者さんやご家族のご希望に応じて、多職種と協力し、在宅支援(往診医や訪問看護師の依頼や連携)や緩和ケア病棟のご紹介も行います。 また、緩和ケア認定看護師によるリンパ浮腫セルフケア外来も行っております。本院通院中の方のみが対象となります。まずは主治医の先生にご相談ください。 なお本院ではがんなどの悪性腫瘍や慢性心不全の患者さん及びそのご家族が主な対象となりますが、その他の疾患をもつ患者さんについてもご相談に応じておりますので、主治医の先生にご相談ください。

その他 臨床研究・教育について

緩和ケアチームでは、緩和ケアの今後の発展のために、患者様にご負担をかけないよう配慮した上で、いくつかの臨床研究を行っております。何かご不明な点などございましたら、いつでもチームにご相談ください。

また、院内の緩和ケアに関する教育の一環として茨城県内での「がん診療に携わる医師に対する緩和ケア研修会」主催しております。緩和ケア研修会を修了した医療者は、県内のホームページ上に名簿が公表されていますので、ご参照ください。

array(1) { [0]=> object(WP_Term)#8954 (16) { ["term_id"]=> int(11) ["name"]=> string(21) "来院・入院の方" ["slug"]=> string(10) "outpatient" ["term_group"]=> int(0) ["term_taxonomy_id"]=> int(11) ["taxonomy"]=> string(8) "category" ["description"]=> string(0) "" ["parent"]=> int(0) ["count"]=> int(104) ["filter"]=> string(3) "raw" ["cat_ID"]=> int(11) ["category_count"]=> int(104) ["category_description"]=> string(0) "" ["cat_name"]=> string(21) "来院・入院の方" ["category_nicename"]=> string(10) "outpatient" ["category_parent"]=> int(0) } }

outpatient