院内がん登録

院内がん登録とは?

~我が国の医療対策に利用される院内がん登録~

がん診療連携拠点病院の指定に先立ち、2008年2月から、院内がん登録を開始致しました。院内がん登録は、病院で診断されたり、治療などをされた全ての患者様のがんについての情報を病院全体で集め、その病院のがん診療がどのように行われているかを明らかにする調査です。

詳細は国立がん研究センター
ホームページをご覧ください

がん登録全般についての詳細は、
厚生労働省ホームページをご覧ください

院内がん登録の流れ

がん患者の見つけ出し

「がん」と診断された人を見つけ出す作業から始まります。「がん」診断されたすべての人を漏れなく見つけ出すことで、がん罹患者数を把握する事ができます。

登録対象のふるい分け

がん登録では、「1腫瘍1登録」というルールを基に、見つけ出されたがん患者様から、新たに発生したがんなのか、再発や転移なのか、まだ疑いのままなのかを調査・照合し、新しいもののみ登録します。

診療情報の登録

登録対象をルールに従って登録します。登録内容によっては治療が終了しないと登録できないものもあり、1登録の完成までに半年~1年程の期間が必要となります。

がん登録検証作業

登録したがん情報を診療科別に分け、院内がん登録委員会の委員の医師に登録データの検証を依頼します。検証が完了し「1腫瘍」の登録となります。

予後調査

がん診療の質を高めるために、5年生存率や10年生存率といった情報は不可欠です。この為にも予後調査を行う必要があります。基本的には病院受診歴と役場照会から調査します。

また、当センターにおいて全国集計、全国がん登録(茨城県地域がん登録)事業への情報提供も合わせて行っており、がんの実態把握に利用されております。これらの業務は国立がん研究センターでの研修受講や認定試験を受けている診療情報管理士等が行っております。

今後は、がん登録データを当院の診療レベル向上に活用して行きたいと考えております。 なお、がん登録データの取扱いについては、個人情報保護法に則って細心の注意を払って適切に管理しております。

令和3年9月

総合がん診療センター がん登録部門

院内がん登録集計データ

【院内がん登録集計データ】 *PDFを一括ダウンロードできます。