筑波大学附属病院
筑波大学附属病院 総合臨床教育センター

放射線診断・IVRコース:研修プログラム

研修目標

放射線診断・IVRの領域全般にわたり基本的知識・技術を修得し,放射線科医として自立することを目標とする。

プログラム例

後期研修1~2年目(シニアレジデント)
単純写真・CTを基本とし、3ヶ月ごとに①超音波検査、②消化管造影、③MRI、④血管造影・IVRの部門をローテーション。すべての画像診断について、スタッフの緊密な指導のもとに、検査計画を行い、実施し、レポートを作成します。この過程を通じて基本的な技術を学び、同時に知識としての診断学を学ぶことになります。
この期間には、単純X線撮影・CTの読影・レポートの基礎も学ぶことができ、全期間でほぼ全領域の単純X線写真・CTに接することができます。
毎日、夕刻には画像診断カンファレンスが開催されますが、カンファレンスや指導ではディスカッションを重視しています。
シニアレジデント2年目になる頃には、徐々に初期研修医の指導にも当たるようになります。
専門医制度の変更に伴い、2年目の前半6カ月には核医学、放射線治療を3カ月ごと研修します。
2年目後半には関連病院にて研修を行います(後述)。

後期研修3~4年目(チーフレジデント)
最初の1年は小児病院を含めた関連病院で引き続き研修を行います。最後の1年間はチーフレジデントとして大学に戻り、若いレジデントに対しては指導的立場で各セクションで責任を任された仕事をするとともに、個人の好みに応じてsubspecialty(副専門分野)をもち、より深く研修を進めます。
この期間には国際学会で発表したり、研究活動、論文作成も可能となります。

レジデント終了後(卒後7年目以降)
専門医試験を受けるまでの間には二年間、関連病院にてスタッフとして働く義務がありますが、その後の人生設計は本人の希望を重視し、各地への紹介も行っています。
関連病院では大学から派遣されたレジデントを教えながら診療を行い、研究日や土日には大学で研究を行う先生もいます。
すぐに大学院生となってより重点的に研究を進める人もいます。

取得できる資格 (認定医等)

放射線科認定医(卒後6年目8月以降受験可能)
放射線診断専門医(卒後8年目8月以降受験可能)

経験できる疾患

画像診断・IVRを必要とする全身の様々な疾患全て

経験できる手技・検査

単純X線撮影検査、消化管造影検査、超音波検査(乳腺・甲状腺などを含む)、
CT検査(全身)、MRI検査(全身)、血管造影検査(心臓以外)およびIVR、
核医学検査(PETを含む)、総合画像診断

経験できる手術(術者)

CTまたは超音波ガイド下生検、膿瘍ドレナージ、比較的容易な腹部・血管領域・救急疾患のIVR

経験できる手術(助手)

頭部・腹部・血管領域・救急疾患のIVR全般

一般的な4年間の研修予定

学年 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月
S1 大学附属病院
単純写真・CT
超音波検査 造影検査・内視鏡 MRI 血管造影・IVR
S2 大学附属病院 関連病院
単純写真・CT 放射線治療 放射線診断全般・救急疾患
核医学
C1 関連病院 小児病院
放射線診断全般・救急疾患 小児放射線診断
C2 大学附属病院
Neuroimaging Body Imaging