筑波大学附属病院
筑波大学附属病院 総合臨床教育センター

チーフ課程修了基準(内科系)

<内科系>

 

養成コース 学会専門医等の資格 その他
総合診療コース ①日本内科学会認定内科医  取得
②日本プライマリ・ケア学会専門医  受験資格
③日本内科学会認定内科専門医  受験資格①・②のいずれかを取得することが必須
学会発表または論文発表を2件以上行っていること
消化器内科コース ①日本内科学会認定内科医  取得
②日本消化器病学会専門医 受験資格
③日本消化器内視鏡学会専門医 取得見込(1年後)いずれもチーフ修了後2年以内に取得可能
循環器内科コース ①日本内科学会認定内科医  取得
②日本循環器病学会専門医  取得見込(4年後)
③心血管インターベンション治療学会認定医 取得見込
④心血管インターベンション治療学会専門医 取得可能
⑤超音波専門医 取得可能
⑥不整脈専門医 取得可能①②を取得することが必須
心電図・心エコー図およびHolter心電図の記録、解析、評価が出来ること。
薬物治療、カテーテル治療の適応と限界を理解出来ること。
呼吸器内科コース ①日本内科学会認定内科医  取得
②日本呼吸器学会専門医 取得見込(1年後)チーフ修了時に②の受験資格取得と同等の症例経験をしていること。
腎臓内科コース ①日本内科学会認定内科医  取得
②日本内科学会専門医 取得見込(1年後)
③日本腎臓学会専門医 取得見込(3年後 )
④日本透析医学会認定専門医 取得見込(3年後)①の取得は修了に必須とする。
代謝内分泌内科コース ①日本内科学会認定内科医  取得
②日本糖尿病学会専門医 受験資格
③日本内分泌学会 内分泌代謝科専門医 受験資格
膠原病リウマチアレルギー
内科コース
①日本内科学会認定内科医  取得
②日本リウマチ学会専門医 取得見込(2年後)
③日本リウマチ財団登録医 取得見込(1年後)
①③取得は修了に必須とする。チーフ修了2年後に②が取得できるように、準備をしておくこと。
神経内科コース ①日本内科学会認定内科医  取得
②日本神経学会専門医  受験資格
③日本老年医学会認定老年病専門医 受験資格
臨床系学会地方会などでの症例報告の経験が望まれる。
血液内科コース ①日本内科学会認定内科医  取得
②日本血液学会専門医  取得見込(1年後)
①の取得は修了に必須とする。②については、修了時に受験申込みまで済ませておくことが望ましい。
臨床血液学に関連した内容で、筆頭者としての学会発表が2つ以上。
感染症内科コース ①インフェクションコントロールドクター受験資格
①の取得は修了に必須とする。 感染症に関する学会発表が2回以上あること。
小児科コース ①日本小児科学会専門医  受験資格
院内研修期間が半年に満たない場合は①の取得を修了の必須条件とする。
精神科神経科コース ①日本精神神経学会  受験資格
②精神国家認定保健指定医  受験資格
皮膚科コース ①日本皮膚科学会専門医  取得見込(1年後)
チーフ修了時に①の受験資格取得の条件を満たすことを到達目標とする。
放射線診断・IVRコース ①日本医学放射線学会放射線科専門医  取得見込(卒後7年目の8月を予定)
その他 別紙1参照
放射線腫瘍医コース ①日本医学放射線学会放射線科専門医  取得見込(1年後)
②日本医学放射線学会放射線科専門医  取得見込(1年後)
病院病理コース ①日本臨床細胞学会認定細胞診専門医  取得
②日本病理学会認定病理専門医  受験資格
①死体解剖資格(20体以上)
②原著論文 筆頭著者 1編以上
③症例報告論文 筆頭著者  1編以上
④学会報告 筆頭発表者 2演題以上
リハビリテーション科コース ①日本リハビリテーション医学会認定リハビリテーション科専門医 受験資格 学会発表 筆頭発表者2件以上

※なお、がん診療に関わる必須診療科(総合診療科、消化器内科、呼吸器内科、血液内科、放射線腫瘍科、腫瘍内科(臨床腫瘍))、に関しては、緩和ケア講習会の受講を必須とする。