茨城 つくばナース|看護師採用 求人 募集|筑波大学附属病院

筑波大学附属病院看護部

 
理念・特長

ごあいさつ
確かな看護技術と豊かな人間力を併せ持つ。それがつくばナースです。

看護部長からのメッセージ

看護部長

-看護はその文字どおり、患者さんに差し伸べる温かな「手」と、患者さんの本当の痛みや辛さをみる「目」で、みまもる(看護る)ことである- これは、私がかつて学生だった頃に出会い、深く感銘を受けた言葉です。
筑波大学附属病院は、高度先進医療・超急性期医療を提供する病院です。ここで看護を提供する私たちだからこそ、忘れてはならない看護の原点だと思うのです。
私たちは、患者さんやご家族が思い描くその先の未来に寄り添い、看護の原点である温かい手と見えないものを看る力で、そして、つくばナースとしてのプライドを持って、信頼される質の高い看護の実践をめざしています。

また、私たちは、看護部の充実した教育体制のもと、「ひとを尊重し、ひとの心を推し量ることのできる感受性」、「看護者として常に自分に問い続ける倫理性」、そして、「柔軟でしなやかな発想力」を育み、みずから学び行動できる自律した看護師を育成しています。

看護部は、看護職員ひとりひとりが描く未来の自分を応援したいと考えています。私たちと共に歩み、学び、成長しながら、看護することのやりがいを感じてみませんか。

副病院長・看護部長
認定看護管理者、h-MBA
篠崎 まゆみ

看護部の特長

看護部の特長

筑波大学附属病院は、筑波大学が提唱する「開かれた大学」に基づき、開院当初よりチーム医療を取り入れ、職種の垣根を超え、オープンな雰囲気で互いの専門性を高めあう伝統を育んできました。大学病院は医療者等の育成教育機関であり、新しい医療技術の研究・開発を行う研究機関、そして高度で質の高い医療を提供する地域の中核的医療機関です。
筑波大学附属病院は、学術研究都市・つくばを中心として、陽子線治療をはじめとする高度先進医療や、高難易度手術、がん診療など、大学病院、特定機能病院として重要な役割を果たしています。


看護部の特長

本院看護部は、最先端の急性期医療の現場で必要とされる看護を提供できるよう、専門性と倫理観を備え、ヘルスプローモーションの視点でケアマネジメントができ、看護の発展に貢献する人材を育成すべく、教育ラダーに基づいて新人からキャリア支援を意識した教育に取り組んでいます。


看護部の特長

やりがいや興味を持ち、より専門性を追求したいときには、大学病院の豊富な人材を生かして、スペシャリストや看護教育担当者から指導を受けることもできます。また、本院は看護師特定行為の研修施設でもあり、認定・専門看護師と共に活躍の場を創造しています。
我々“つくばナース”は「思考する看護師」、人として看護師として患者や家族に寄り添える、豊かな人間性を兼ね備えた看護師を目指します。


看護部の特長

高度救命救急センター、小児総合医療センターや総合母子周産期センターなど、茨城県の医療における中核的病院として、救命救急、重症急性期患者の医療体制を充実させる中、患者本位の医療提供体制の構築、患者のQOLを考慮した福祉サービスとの連携を行っています。
そして、地域のニーズに応えるべく、つくば市バースセンターや助産師外来、看護専門外来、イベント時の救護班派遣や県の要請による災害出動等、つくばナースの果たす役割は日々大きくなっています。
看護師・助産師が多くの経験を積み、幅広い知識を得ながら常にスキルアップを図っていく上で、最適な環境といえるでしょう。地域の中核となる本院で看護師として助産師として自分自身を創造し、共に切磋琢磨して、目標に向けて一緒に歩んでみませんか。


↓
先輩からのメッセージ

キャリアを築いている先輩達からのメッセージです。

私がナースを続ける理由

あの時があったから、今がある。私を支えた“ほっとストーリー”