患者さん専用回線
029-853-7668(※当院は全科予約制です)

泌尿器科

診療案内

診療科の特徴

我々、泌尿器科は、まず安全な医療を第一に、丁寧な説明と同意、患者さんの生活の質の重視、および先端医療の提供を基本姿勢として診療に当たっています。特に重点を置いているのが悪性疾患に対する治療です。膀胱癌においては経尿道的手術やDaVinci手術支援用ロボットを用いた膀胱全摘除術、化学療法、癌免疫治療などを数多く行っていますが、生活の質を重視し陽子線治療を利用した膀胱温存療法や、BCG免疫療法による膀胱温存療法も積極的に行っています。前立腺癌においてはロボット支援下前立腺全摘除術や陽子線治療など幅広い治療選択肢を提供できます。希少疾患の難治性精巣腫瘍の化学療法やリンパ節郭清術の経験も豊富です。低侵襲手術である副腎、腎臓、尿膜管の体腔鏡手術、光線力学的診断(Photodynamic diagnosis;PDD)を用いた新規膀胱癌診断法や、MRI画像を超音波画像に同期させた高精度前立腺生検法などの新たな技術も導入しています。泌尿器悪性腫瘍に関するセカンドオピニオンは県内のみならず全国から年間100件以上の相談を受け入れているほか、多くの臨床治験も実施しています。そのほか生殖、神経因性膀胱、女性泌尿器科の専門外来も開設し、結石や前立腺肥大症などの良性疾患も信頼のおける関連施設と協力して診療しています。



対象疾患

尿路性器癌(腎癌、腎盂尿管癌、膀胱癌、前立腺癌、精巣腫瘍、陰茎癌など)、副腎腫瘍、排尿障害、男性機能障害、女性泌尿器疾患、不妊症、腎盂尿管移行部狭窄症、尿膜管遺残、尿路感染症、後腹膜腔の疾患など泌尿器科の全分野において専門的な診療を行っています。



先進医療・高難度手術等への取り組み

膀胱癌に対しては、放射線腫瘍科とともに動注化学療法併用放射線治療による膀胱温存療法、臨床治験で免疫チェックポイント阻害剤併用放射線療法による膀胱温存療法を行っています。前立腺癌に対しては、一回の線量を上げ照射回数を減らし通院回数を少なくした寡分割照射による陽子線治療も行っています。前立腺と直腸の間に吸収性のスペーサー(SpaceOAR)を挿入し、有害事象の低減にも努めています。尿路性器癌全般に対しては、積極的に新規薬物療法(癌免疫療法、癌ワクチン、分子標的薬、抗がん剤等)の治験を行っています。難治性癌には癌遺伝子パネル検査からエキスパートによるコンパニオン診断も行っています。基礎研究の分野では、「尿路上皮がんの診断・治療の分子生物学的・免疫学的研究、人工知能を用いた膀胱鏡画像解析の研究」等の研究を進め、日々、新規治療法の開発にも取り組んでいます。外科的治療の分野においても、ロボット支援下に前立腺全摘除術、腎部分切除術術の他、膀胱全摘除術・体腔内尿路変向術、腎盂形成術を行っています。

診療曜日

9:00-12:00 13:00-17:00
根来 宏光、星 昭夫、河原 貴史、
神鳥 周也
治験外来(木村 友和)
腎薬物療法外来、治験外来(木村 友和)
新患外来
腎薬物療法外来
西山 博之(セカンドオピニオン)
河原 貴史、池田 篤史
新患外来
神経因性膀胱外来
男性機能外来、生殖外来
新患外来
南雲 義之、女性泌尿器外来
吉野 喬之
新患外来、神経因性膀胱外来

外来担当予定表

※休診:(休)、午後のみ診察:(後)、Dr.指定患者のみ診察:(指)、初診のみ診察:(初)

診察室       8日(木) 9日(金)
A260       南雲 義之
新患外来
女性泌尿器外来  
男性機能外来
生殖外来(再診)
生殖外来(新患)
吉野 喬之
新患外来
神経因性膀胱外来
診察室 12日(月) 13日(火) 14日(水) 15日(木) 16日(金)
A260 星 昭夫
河原 貴史
神鳥 周也
根来 宏光
治験外来 (休)
新患外来
治験外来 (後)
腎薬物療法外来
ゲノム外来  
西山 博之
河原 貴史(前)
池田 篤史
南雲 義之
新患外来
神経因性膀胱外来
南雲 義之
新患外来
女性泌尿器外来  
男性機能外来
生殖外来(再診)
生殖外来(新患)
吉野 喬之
新患外来
神経因性膀胱外来
診察室 19日(月) 20日(火) 21日(水) 22日(木) 23日(金)
A260 星 昭夫
河原 貴史
神鳥 周也
根来 宏光
治験外来 (後)
新患外来
治験外来 (後)
腎薬物療法外来
ゲノム外来  
西山 博之
河原 貴史(前)
池田 篤史
南雲 義之
新患外来
神経因性膀胱外来
南雲 義之
新患外来
女性泌尿器外来  
男性機能外来
生殖外来(再診)
生殖外来(新患)
吉野 喬之
新患外来
神経因性膀胱外来
診察室 26日(月) 27日(火) 28日(水) 29日(木) 30日(金)
A260 星 昭夫
河原 貴史
神鳥 周也
根来 宏光
治験外来 (休)
新患外来
治験外来 (後)
腎薬物療法外来
ゲノム外来  
西山 博之(休)
河原 貴史(前)
池田 篤史
南雲 義之
新患外来
神経因性膀胱外来
年末 年末
 


 


スタッフ

肩書き氏名専門分野専門医
診療科長
教授
西山 博之

泌尿器外科、体腔鏡手術、泌尿器腫瘍学、男性不妊症

日本泌尿器科学会指導医 / 日本泌尿器科学会専門医 / 日本がん治療認定医 / 日本泌尿器科学会泌尿器腹腔鏡技術認定医 / daVinci支援手術教育プログラム終了

准教授根来 宏光

泌尿器外科、排尿生理学、時間生物学、生殖医学

日本泌尿器科学会専門医 / 日本泌尿器科学会指導医 / 日本排尿機能学会専門医 / 泌尿器腹腔鏡手術技術認定医 / 日本内視鏡外科学会技術認定医 / 難病指定医 / 日本時間生物学会評議員 / daVinci支援手術教育プログラム終了

講師星 昭夫

泌尿器外科学、泌尿器腹腔鏡手術、再生医学

日本泌尿器科学会専門医 / 日本泌尿器科学会指導医 / 泌尿器腹腔鏡技術認定医 / 日本内視鏡外科学会技術認定医 / がん治療認定医 / 日本再生医療学会再生医療認定医 / 日本内分泌外科学会内分泌外科専門医 / daVinci支援手術教育プログラム終了 / 泌尿器ロボット支援手術プロクター(前立腺・腎部分切除・膀胱)

講師河原 貴史

泌尿器外科、泌尿器腫瘍学、緩和ケア

日本泌尿器科学会指導医 / 日本泌尿器科学会専門医 / daVinci支援手術教育プログラム終了

講師神鳥 周也

泌尿器外科、泌尿器腫瘍学

日本泌尿器科学会指導医 / 日本泌尿器科学会専門医 / 日本がん治療認定医 / daVinci支援手術教育プログラム終了

講師木村 友和

泌尿器外科、泌尿器腫瘍学、医学教育学

日本泌尿器科学会専門医 / 日本泌尿器科学会指導医 / 日本がん治療認定医 / 日本内視鏡外科学会技術認定医 / 泌尿器腹腔鏡手術技術認定医 / daVinci支援手術教育プログラム終了 / 日本医師会認定産業医 / 難病指定医 / 日本医学教育学会認定医学教育専門家

講師池田 篤史

泌尿器外科

日本泌尿器科学会指導医 / 日本泌尿器科学会専門医 / daVinci支援手術教育プログラム終了 / 日本医師会認定産業医 / 宇宙航空医学認定医 / 泌尿器腹腔鏡手術技術認定医 / 難病指定医 / 泌尿器ロボット支援プロクター(前立腺・腎部分切除)

講師吉野 喬之

泌尿器外科

日本泌尿器科学会指導医 / 日本泌尿器科学会専門医 / 日本内視鏡外科学会技術認定医 / 泌尿器腹腔鏡手術技術認定医 / daVinci支援手術教育プログラム終了

助教目 翔太郎

泌尿器外科

日本泌尿器科学会専門医

助教田沼 光三郎

泌尿器外科

日本泌尿器科学会専門医

病院講師南雲 義之

泌尿器外科、泌尿器腫瘍学

日本泌尿器科学会専門医 / 日本がん治療認定医 / daVinci支援手術教育プログラム終了

病院講師志賀 正宣

泌尿器外科

日本泌尿器科学会専門医

病院講師古城 公佑

泌尿器外科

日本泌尿器科学会専門医 / 難病指定医

病院登録医末富 崇弘

泌尿器外科、男性機能障害

日本泌尿器科学会指導医 / 日本泌尿器科学会専門医 / 難病指定医

病院登録医和久 夏衣

泌尿器外科、女性泌尿器科

日本泌尿器科学会指導医 / 日本泌尿器科学会専門医 / 難病指定医

depertment